明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

お年寄りとつきあうということ

毎週旦那の叔母さんのお世話をしに行っている。彼女は我が家から電車を乗り継いで1時間ほどの街のマンションに独りで暮らしている。

 

おばちゃんと呼んでいるのだが、お世話を終えて帰ってくるとすごく疲れてしまう。とにかく食べることが好きな人で、色々お菓子やお弁当を買い込んでは、私が好きそうなものを買っておいたからと勧めてくれる。

 

気持ちは非常に嬉しいのだが、私はコンビニの食事や出来合いの弁当が好きではない。だから遠慮したいのだが、私が何か食べるまではおすすめ攻撃が止まないのだ。

 

仕方なく食べて、とりあえず美味しいと言うと、この前あれがおいしかったなら、きっとこれも好きよとまた新しい食べ物が出てくる。

 

叔母さんは足が不自由で、住んでいるマンション1階のコンビニに行くのが精一杯。なので仕方がないのだが、食べ物に対する考え方が違いすぎるのだ。

 

なぜか、交通費を渡されたり、これで好きなものを食べて帰ってと言われたりということはほとんどない。おばちゃんとしては、遊びに来てくれた姪っ子を空きっ腹で帰してはいけない、という感覚なのかも。

 

一度はっきり理由を説明して断ったのだが、しばらくしたら元の状態に戻ってしまった。毎回1000円もらった方が、わたしとしてはありがたい。でも多分ずっとこのまま、毎週ちょっと疲れた気分で帰ってくるんだろうなと思う。気持ちのやり取りは、難しい。