明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

図書館で涙

週末に一人 図書館に行き、思わず涙がこぼれた。

 

 本を読んで感動したのではない。一人で机を借りて 勉強する事ができた 、やったぁーと思い、気づいたら涙が頬を伝っていた。

 

図書館に行くときは、大抵4歳の子供と一緒だ。自分の本はゆっくり探せないので、見る棚を2カ所位決めておいて目に付いた本をさっととり、何冊か借りてくる。

 

子供は自分で本を選ぶ。何冊か読んでほしいというので読んであげたり、読むのを聞いてあげたりしてから帰ってくる 。

 

そういう利用を繰り返しているうちに、いつの間にか、図書館に勉強しにいこうという 発想自体を持たなくなっていた。

 

週末、急に主人が子供たちを連れて出かけることになり、自分は図書館の近くに用事があったので、そうだ、久しぶりに図書館の机で 本をじっくり読もう、と思いついて行ってみたのだ。

 

自分が涙を 流しているのに気づいた時は、驚いた。なぜ泣いているんだろう?そうか、嬉しいんだ、勉強できることが、 家族の存在を全く気にせず目の前の本に没頭できることが、泣くほど嬉しいんだ...

 

家ではどうしても、子供が 起きてくるんじゃないか、明日仕事だしおかず作らないと、など  母親や妻である自分を忘れることができない。久しぶりに 、その括りから外にでた束の間の開放感が涙になったのだろう。

 

また図書館に行く時間を作ろう。 独りの時間を満喫して、お母さんや奥さんをするエネルギーをチャージしよう。