読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

「ACTION READING 1日30分の読書で行動を変える」を読んでみた

読書で自分を変えるには

 

4歳の娘とよく図書館に行くのだが、本をじっくり選ぶ時間がないため、見る棚を決めておいて目に留まったものを数冊ささっと借りてくるのがいつものパターン。そんな中に、赤羽雄二さんの「ゼロ秒思考」があり、さっそくA4メモ書きにトライ。これは、いい!と赤羽さんの他の著書も読み始めた。

 

この本は、特に「自分を変える」という言葉が気になって手に取った。読書で本当に自分の行動を変えることができるのか?という疑問と、大好きな読書で自分の行動を変えて、自分のことがもっと好きになれたらいいな、という期待が相半ばする状態で読み始めた。

 

本の選び方、本を読む時間から変える

実は本を読み始める前に変えるべきことがあった!本の選び方と読む時間である。

 

何のためにその本を読んで、どんな行動に結び付けたいのか、それを考えて本を選び、この間に読む、と時間制限(1日30分程度)を設けることが大切だと書かれている。そこが私にとって最初のポイントだった。

 

今まで自分にはその視点はなかった。本を読むのはいいことだ、借りてきた本は時間かかっても全部読まなくちゃという思い込みがあった。

 

娯楽のために読む小説にそんなもの求めないよ、という意見もあると思うが、予定した時間内で思いっきり楽しく過ごすために読み、その喜びをfacebookでシェアするとか、読書が自分のために有益な行動に結びつけばよいのだと思う。

 

限られた自分の時間を何に、どのように使うのかよく考えて行動しようと言われているのだ。 時間がない、読み始めないと!

 

読み方を変える

 

気になったところは黄色いペンでマーキングし、ページの決まった位置を折り返す、本の裏表紙に五段階評価と日付を入れる、読後にチャレンジシートを書く前提で読む、といった方法が紹介されている。

 

私にはマーキングや折り返しは衝撃的なアドバイスだった。図書館の本を読むことがほとんどだし、買った本はキレイに保管したい。

 

しかし、行動を変えるんだ!と自分に言い聞かせ、本を購入。知識を自分のものにするために本気で取り組むなら、やるんだぁーと言われている気がして、マーカーを手にした。

 

最初の線を引き始めるまでためらいがあり、時間がかかったものの、やり始めるとこれが楽しい。図書館から借りた時に一度読んでいたせいか30 分もかからずに作業は終わってしまった。

 

裏表紙に5段階の一番イイ評価をつけて、チャレンジシート の作成に取りかかる。マーキング と折り返し のおかげで、探したいところが見つけやすくなっているにも関わらず、完成まで1時間弱かかってしまった。

 

自分の考えを言葉に しようと書いてみる。何か違う。書き直す。次に進む...という風にしか書けなかった。アウトプットの練習 不足が甚だしい。

 

四苦八苦しながら初めて書き上げたチャレンジシートがこちら。

 

チャレンジシートを書く

 

 facebookに投稿されているチャレンジシートを見て、無謀にもスライドで作成しようとチャレンジし、open officeで作成、初めて自分でスライドを作った。ブログアップするまでに、一週間の自分の自由時間のほとんどをつぎこんだ・・・

 

 

 

読後に感想をアウトプット 関連情報の収集も

 本書では、googleアラートfeedlyを活用した情報収集の方法や、ブログやfacebookグループ、誰かに話すなどして読後の感想やチャレンジシートをシェアすることが提案されている。

 

とりあえずマーキングした方法は順番に試してきた。feedlyRSSフィードを通勤電車の中で5分ほどチェックするだけで、今まで自分が新聞やテレビから得てきた情報とは全く違う情報が沢山入ってくる。googleアラートのキーワードは10個程度しか保存していないが、それでも見出しのチェックでほぼ手一杯。電車に乗っている間はとりあえずスマホで何か記事を読みたくなるので、そういう時間に芸能ネタを拾う代わりに、自分の関心のある情報にいつでもアクセスできる環境ができてよかった。

 

ブログ記事は、通常は1500字~2000字、何か講演を依頼されるレベルを目指すなら3000字以上書くよう勧められているが、今ようやく1700字程度。私はまず、週に2-3回ブログを書くこと(読書の後は必ず)と、できれば少しずつ長い記事を書くことを目標にしたい。

 

本書に挙げられているアウトプット方法を一通り試してみて、非常に時間がかかってしまったが、マイペースに、とにかく続けて習慣化することだと思う。

 

最後に

 

読もうかどうか迷っている方には、一読をおススメする。読んで1週間の間に、今まではやってみようと思わなかった作業をいくつもすることになった。40代後半、wordとexcelだけは何とか使える、という程度の私にもできたのだ。きっとあなたにもできる。そしてやってみると、意外にも楽しく、達成感がある。ぜひ同じ気持ちを味わってほしい。