明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

明日が待ち遠しい人

年末に読んだ本に、やりたいことがあって目標に向かってがんばっている人は、明日が待ち遠しくて仕方ないものだ、という一節があった。

 

明日が待ち遠しくて仕方ないなんて、最後に感じたのはいつだろう。

 

数年前、大好きな作家さんのイベントに参加できることになったことがあった。作家さんがどんな風に登場するかなど色々想像が尽きず、イベントが始まるまでわくわくしっぱなしだった。子供を預ける場所を探すのが大変だったし、結構な出費だったのだが、それが全く気にならなかった。もちろん、参加できて大満足で帰ってきた。

 

毎日本気でがんばっている人は、毎日そういう気持ちで過ごしている、ということなのか。だとしたら、毎日を記念写真におさめてみんなにシェアしたくなるかもしれない。facebookでは、自分から投稿することはほとんどないけれど、それは生活にワクワクが足りないから、というのも一因かも。自分が本当にワクワクして楽しいことなら、その気持ちをみんなとシェアしたい、と思うだろう。

 

最近あった町内のお餅つきも、自分はあまり気が進まないまま子供を連れて行ったのだが、特に下の子は「おもちつきだ!」と前日から楽しみにしていた。そして、お餅を沢山食べ、杵を持っておもちをぺたぺたして、近所のお姉さんお兄さんに遊んでもらい、大満足で帰宅した。

 

子供が感じたワクワクは、大人たちががんばって作り出した場によって与えられたものだ。町内会の人たちには本当に感謝の言葉しかない。自分がワクワクするには、どうすればいいのだろう?

 

他の人が作ってくれた場に飛び込むもよし。自分で場を作るという方法もある。そんな立場になったことがないので想像がつかないが、自分が心から楽しいと思うことをみんなとシェアできる、みんながそれぞれそういう場所を求めている、という感覚はある。自分はどういう場にいたいのか、具体的に言葉にするには、私はもっと自分と会話する必要がありそうだ。