明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

面談

今日は仕事の面談があった。新しく労務担当になった役員との面談だ。ちょっと緊張する。

 

事前にアンケートに答えて、それをもとに話をしていくのだが、中でも印象に残った言葉は「もっとジョブローテーションがあってもいいと思っている」という言葉と「今の業務を続ける限りはお給料は増えない」という言葉だった。

 

意味するところは「他の人が担当している業務をやってみたければ、やれますよ」「給料を増やしたければ、もっと責任ある業務ができないとだめですよ」ということだと思う。

 

ようやく何とか与えられた仕事をこなせるようになってきたところなのだが、改めて新しい課題を突きつけられた感じだ。要するに、自分の居場所は自分で作らないと、他の人から作業を貰って下請け仕事をする人、の位置からずっと抜け出せないのだ。

 

ベンチャー企業ならではのことかもしれない。業務の割り振りが固定化していないのは、むしろ歓迎すべきことかも。しかし、何をすればお給料が増える方向に進めるのか、さっぱりわからない。

 

ただ、面談の中にヒントはあった。うちの会社の業務にはBtoBの側面とBtoCの側面があるのだが、どちらの場合も顧客のリピーター率が低いのだ。それを引き上げることに貢献できれば、待遇は変わってくるかもしれない。

 

何を、どう考えたらいいのか見当もつかないけれど、課題はハッキリしている。あきらめずに考えること。思いつく限り、対策を100個ぐらい考えたら、一つくらいまともに取り合ってもらえる案が出てくるかな?考え続けよう。