明日が待ち遠しくなる!3分で幸せの種まき

ワクワクして明日を迎えるために、今すぐできること。

結婚後に待っていたもの

またまた前回からの続き。経済的にも心理的にも自立するために、過去の自分を振り返り中のyokkoです。

 

皆様、私の記録を他山の石として、どう行動すれば心からのhappyが続くのか、よーく考えてくださいね。

 

公務員の妻となって官舎住まいを始めた私。初めて九州に住み、知り合いもいないし環境にも馴染めない。初めはご近所付き合いもどうしたらよいのかわからなかった。

 

旦那の同僚の家族と触れ合う機会はあっても、共通の話題は少ないし、自分も働きたかった。なので派遣登録をして、データ入力の仕事をした。往復1時間半ほどかかる通勤の運転は辛かったが、働くのは楽しかった。だから働けるだけ働いた。時には自分の方が帰りが遅くなる位に。

 

ところが、疲れて帰っても、旦那は鼻をほじりつつテレビを見ているばかり。毎日ご飯さえ炊いてくれない。玄関を入るなり「あーつかれたぁ」と荷物を置いたある日、突然旦那が玄関までつかつかとやってきて私を怒鳴りつけた。

 

「俺の前で疲れたって言うな!」「疲れた時疲れたって言って何がいけないの?」「俺は十分稼いでるんだから、お前は働かなくていいんだよ。家で楽しく過ごして、俺が帰ってきたらにこやかに迎えればいいんだ」「・・・(想定外の言葉に驚きすぎて、反応できなかった)」

 

ここで賢明な人なら別居するなり、旦那と距離を置いて自分でよく考えるのだろうが、私はそうしなかった。結婚する時に、旦那はどちらかが家庭に入らなければだめだと言い張り、結局私が主婦になった。嫌なら仕事を辞めなければよかったのだ。

 

それから間もなく、旦那が複数の女性と楽しく会話しているメールを偶然見つけてしまった。携帯が開いたまま通り道に置かれていて、たまたま拾い上げたら、内容が目に入ってしまったのだ。

 

性的な関係を匂わせる内容ではなかったけれど、滅多に動揺を見せない旦那の「しまった」という顔は今も忘れられない。

 

自分が必死に運転して通勤したり仕事をしている間に、こんな事をしていたなんて。あきれて、言葉もなかった。むこうが全力で取り返しにかかるのを必死で振り切り、携帯を金槌で叩き壊して川に捨ててやった。

 

当時の私にとって、結婚は神聖な誓いの下にあるもので、簡単に反故にされるべきものではなかった。それに仕事を辞めて、はるばる九州まで来てまだ2年ほどで、実家に帰るなど恥ずかしくてできない、自分が我慢できることはして、結婚生活を継続することが大切だ、と信じ込んでいた。

 

誰に対して恥ずかしかったのだろう?ごく普通の結婚生活さえできない女。仕事辞めてどうするんだ。そういう周囲の声を勝手に想像したのは自分だけではなかったか。

 

そうして私は、仕事を辞めた。私が働かなければ、家庭の平和が保たれる。。これからは、主婦として頑張ろう。

 

 私は、頑張った。苦手だったお付きあいも、誘われたら断らずに何でも顔を出した。料理教室に通ったりして、毎日違うメニューの食事を作った。お客様には手作りのご馳走でおもてなしした。

 

そんな私を見て、主人はとても満足そうだった。私も、これが幸せなんだと思っていた。

 

続きは、また次回。